塗装してます

CIMG9002 (500x375)

細部のプロペラやスピナー、ドロップタンクを塗装しました。タミヤカラーのフラットアルミを筆塗りです。
乾燥すると粉を吹いたようなツヤ消しの銀色になりますが、綿棒で磨くとジュラルミン製に見える様になります。

ドロップタンクはキットのインストでは機体色の指示ですがあえて銀色にしました。
非常に古い資料に基づく説を採用しましたがユーチューブの動画でも確認出来ます。
よってあながち間違いではないと思います。
スポンサーサイト

鉛筆デッサン2

CIMG8984 (404x500)

前にアップしたのと同じようなものですがまだありますので貼って置きます。
デッサンというのは形のみならず全体の明暗をしっかり観察して再現して行く事です。

油彩画を描く場合でもこの明暗を正確に描かないと光が存在しない不自然な絵になります。

これがベスト

CIMG8963 (500x375)

しばらくの間部屋の隅に放置していましたがやはりこのSPの音が一番良いです。
ヤマハのNS-670と言う25センチ3ウェイ密閉型の名器です。
で、今後は私のメインSPとして末永く使って行く事にしました。

非常に古いSPですが、使っている人間(私)も古いのでこれで丁度良いのです。
今時の新しい物を欲しがらないで古い物を大事に使って行くのはとても良い事だと思います。

自作スピーカー

CIMG8953 (375x500)

右側のSPですが、つい先日まで「これは良い、自分に合ったSPだ!」などと言っていたのですが急遽変更します。
ころころと意見を変え、節操がなくてすみません。

やはり音が悪いです、気分良く聴いていられないぐらい・・・。これ、結論です。
だけど捨てるのも勿体ないし困ったなぁ・・・とりあえず押し入れにでもしまって置くか・・・

鉛筆デッサン 1

CIMG8979 (375x500)

これも若い頃に描いたもので20年以上昔です。

私は当時ある画家のアトリエに絵を習いに行っていました。いわゆる個人レッスンですね。
「観えただけしか描けない」と言われ、「観る眼を養うこと」が大事と言われました。

絵の具には触らせてもらえず、ひたすら鉛筆デッサンだけでした。
要は絵を描く、という事ではなく、観る目を鍛えるという事なのでしょう。
デッサン1枚に相当長い時間をかけてやらされたものです。

おてあげ

CIMG8897 (640x480)

これは何処かの草原ではありません。我が家の庭です。
毎年そうなんですが、何もせずに放置しているのでこのような草ボーボーの状態になってしまいます。

しかし名もなき雑草達でも花が咲いたり実が生ったりして懸命に生きていますので、
人間の都合で勝手に刈ったり引き抜いたり出来ません。

これから晩秋、冬になって段々と枯れて来たら手入れを始めたいと思っています。

士の字に

CIMG8978 (500x372)

胴体の左右を貼り合わせ、操縦席を組み込んで主翼を接着、水平尾翼も取り付けました。
カウリングははめ込んであるだけでまだ接着していません。塗装の時に一旦外しますので・・・

この状態を我々モデラーは士の字になったと表現します。
次回からは全体の塗装工程に入ります。

側に爪楊枝と綿棒が写っていますが、この模型がかなり小さい事を分かって頂けると思います。

プラモの塗装

CIMG8956 (500x375)

零戦21型ですが塗装開始しました。内部などは全部筆塗りです。
タミヤのエナメル塗料はムラになりにくく塗り易いです。

この後胴体の左右を貼り合せ操縦席を組み込みます。
それにしても72スケールは小さいですねぇ・・・

なおこのキットは最高に出来が良いです。
プラモ作りは54年やっていますが昔と比べると随分進歩したものです。

裸婦デッサン

img016 (377x500)

若い頃(31年前)、当時入っていた絵画サークルの行事でこういうデッサン会もありましたから参加して描いた作品です。
光線は天井の蛍光灯ですし、時間も短かったので、さっと描いただけの習作と言えます。

もどした

CIMG8950 (500x375)

しばらく超小型のSPを使っていましたが、やはりいろいろな面で不足を感じましたので、使用を止める事にしました。

悪い点は能率がすごく低い、低音が全く出ない、高音があまり綺麗ではない、ルックスが和室の部屋に合わない、です。
約34年前の製品ですのでついに寿命かな、とも思います。処分する日は近いかも・・・

で、元通り自作16センチ・シングルコーン・フルレンジへ戻しました。
このユニットは1年前に買った物なのでもっと使ってやらねばと思います。

これが良い

CIMG8945 (500x375)

プラモの写真は昔から必ず順光で撮影していましたが、
先日ある所にふと置いてみましたら良い感じでしたのでこの光線の角度が気に入りました。

光が斜め後方から射している逆光気味の状態なんですが、立体感が感じられ、雰囲気も良いと思います。
今後プラモを撮影する際にはこの光線を又使いたいですね。

今年はこれを

CIMG8944 (500x375)

まだ一ヶ月先の話ですが、恒例の市民美術展に今年も参加しようと思います。
今回はF50号の風景画を出品する予定です。

この作品、実は新作ではなく、非常に古い絵なのですが、未発表作なのでこれで良いと思います。
今さら加筆しても変にバランスが崩れるので、あえて修正もせず、このまま出品する事にします。

ゼロ戦のプラモ

CIMG8948 (500x375)

少しづつ制作を進めています。初めに操縦席内部の細かい部品を皆接着しました。
次からは塗装工程に入ります。内部色を塗ってから胴体左右を貼り合せます。

1週間で完成させると言っていましたが、そういう風に期限を決めないでゆっくりやろうと思います。

古い雑誌2

img013 (285x400)

「丸」と言う雑誌です。1962年2月号です。
もういい加減捨てようかな?

古い雑誌1

img012 (447x640) (279x400)

昔買った「航空ファン」の1965年1月号です。
戦後初めて「零戦」が復元されましてその時の事が特集されています。

この零戦は当時名古屋のデパートで一般公開されましたので父と共に見に行きました。

はじめました

CIMG8936 (500x375)

予定通りプラモ作り開始しました。

キットを買ったのは8月中旬だったのですが暑くてやる気になれませんでした。
今は良い季節になりましたのでやっと始められます。

プラモ作りはほぼ1年ぶりなので、まず机の整理整頓、部屋の掃除から始めました。
1週間ぐらいで完成出来ると思います。

大きいと小さい

CIMG8933 (400x300)

スピーカーを大型と小型を並べて置いてみました。

大きい方は自作ですが小さい方は市販品で相当古い物です。
それぞれの音はかなり違います。優劣があるというより個性の違いでしょうか?

その時々の気分によって両者を切り替えて使用しています。

オーディオルーム

CIMG8920 (640x480)

私の部屋です。毎晩CDやLPレコードで音楽鑑賞をしています。テレビは全く観ません。
前方に置いてあるスピーカーは自作です。音楽はジャンルを問わず幅広く何でも聴きます。

マイカメラ

img008 (640x424) (400x265)

いろいろ活躍してくれている私のデジカメですが、カメラでカメラを写す事が出来ないのでスキャンしてみました。
どういうわけかモノクロ画像になってしまいましたが、実物も銀色1色で色がありませんので、まぁ良いかと言うことになりました。

実は私が買った物ではなく亡父の遺品なのですがしっかり使っています。
結構古い物で、もう買ってから7~8年になると思います。

スキャンしました

img002 (400x272)

新しくプリンターを買い換えました。今度のはスキャンが出来ると言う事なので早速やってみました。
SMサイズの小さな絵なのですが上手く行きました。以前は絵をデジカメで撮っていたのですが・・・

もっとも4号以下の小さな絵でないと対応出来ないのであれなんですが、とにかく一つ新しい事を覚えたという事です。

プラモ作りでも・・・

CIMG8871 (640x480)

絵の方はどうもやる気が出ないので先にプラモでも作ろうかと思います。
プラモキット買うのは約1年ぶりです。

9月になって涼しくなって来たので作り始めなければと思いますがまだ始めていません。
こちらもやる気が出ないのかなぁ・・・?

いや必ず始めますよ、近い内に。

小さな絵

CIMG8884 (640x480)

もう数日前にSMサイズのキャンバスをセットしてあるのですがそのまま放置状態です。
どうもやる気が出ません。これも習作なので気楽に始めてしまえば良いと思うのですが・・・
本当にやる気がないと絵って描けないもんですね。

プロフィール

Author:つづきとおる
ご来訪ありがとうございます

私は愛知県在住の中高年男性です。
趣味で絵を描いています。
あと毎日の音楽鑑賞と気が向いた時にだけプラ模型を作ったりしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR