鉛筆デッサン2

CIMG8984 (404x500)

前にアップしたのと同じようなものですがまだありますので貼って置きます。
デッサンというのは形のみならず全体の明暗をしっかり観察して再現して行く事です。

油彩画を描く場合でもこの明暗を正確に描かないと光が存在しない不自然な絵になります。
スポンサーサイト

鉛筆デッサン 1

CIMG8979 (375x500)

これも若い頃に描いたもので20年以上昔です。

私は当時ある画家のアトリエに絵を習いに行っていました。いわゆる個人レッスンですね。
「観えただけしか描けない」と言われ、「観る眼を養うこと」が大事と言われました。

絵の具には触らせてもらえず、ひたすら鉛筆デッサンだけでした。
要は絵を描く、という事ではなく、観る目を鍛えるという事なのでしょう。
デッサン1枚に相当長い時間をかけてやらされたものです。

裸婦デッサン

img016 (377x500)

若い頃(31年前)、当時入っていた絵画サークルの行事でこういうデッサン会もありましたから参加して描いた作品です。
光線は天井の蛍光灯ですし、時間も短かったので、さっと描いただけの習作と言えます。

今年はこれを

CIMG8944 (500x375)

まだ一ヶ月先の話ですが、恒例の市民美術展に今年も参加しようと思います。
今回はF50号の風景画を出品する予定です。

この作品、実は新作ではなく、非常に古い絵なのですが、未発表作なのでこれで良いと思います。
今さら加筆しても変にバランスが崩れるので、あえて修正もせず、このまま出品する事にします。
プロフィール

Author:つづきとおる
ご来訪ありがとうございます

私は愛知県在住の中高年男性です。
趣味で油絵を描いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR