写真アルバム

CIMG8403 (640x480) (500x375)

昔写真を写す事に熱中していた時期があり、その時に写した写真がまだ多く残っています。
しかしもう写真の趣味はないし邪魔に感じるので近い内に処分してしまおうと思います。

このように物が溜まる趣味は最後は別れが来るので寂しいですが仕方がないですね。
スポンサーサイト

零戦の色

CIMG9127 (400x300)

最近ではこの箱の横の塗装指示図のように灰緑色だったと言う説が優勢です。
しかし私がプラモつくりを始めた頃から数十年は灰白色と言うのが普通の説でした。

真相は分かりませんが自分の好み優先で色を決めるしかありません。
というわけでこの色を塗りました。

あの時代にカラー写真があれば簡単に正しい色が分かるのですが・・・

コレクション

CIMG8093 (300x400)

プラモデルの完成品を並べている棚です。
これ以外にもまだ沢山ありますがここには特に良い出来の物を入れています。

あんまり沢山集めておくのも好きではないので古い物から順番に捨ててしまおうと思っています。

改良完了

CIMG9136 (500x402)

17日から始めたマイSPの改良が完了しました。

白木のままだったの箱の塗装をしただけなんですが、19年ぶりに手を加えたわけです。
結果とても良くなったと思っています。自分好みの箱になりました。

どんな事でもやるかやらないか迷ったらやった方が良いですね。
失敗したとしても良い経験になるわけですし・・・
人生いろいろな事やった方が良いと思います。

レコードプレーヤー

CIMG7077 (400x300)

今でも時折LPレコードを聴いています。
このプレーヤーは3代目ですがすでに20年以上使っています。
今でもLP聴いている人は少数派だと思いますがいる事はいるようです。
私も昔集めたLPが100枚以上ありますので使っているわけです。

展覧会

CIMG9117 (640x470)

昨日より市民美術展が開催されました。明日まで。
画像は展覧会の様子です。拙作も一番右端に並べてもらっています。
多くの人に見てもらえることでしょう。あり難い事です。

昔の写真

CIMG6680 (400x300)

私は若い頃エレキバンドやっていました。
これがその証拠写真です。1970年代半ばです。
何で白黒写真なのか今となっては分かりません。

一番右側でベース弾いているのが私です。

CD

CIMG6399 (400x299)

ビートルズのCDはこの画像以外にも全部持っているのですが・・・
さすがに歳のせいか飽きてきました。音楽の好みが変わったようです。

どうしても出会いがあれば別れもありますね。
いよいよ処分する時期が近いのかなぁと思います。

今年の絵

CIMG9087 (640x487)



今年の市民美術展の出品作です。50号の油彩画でタイトルは「秋の午後」です。

実は随分昔に描いた絵で今まで未発表の作品でした。
今見るとかなり不満足な出来の絵ですが、参加する事に意義があると思い出品しました。

今度の金曜~日曜日に展覧会は開催されます。

カセットテープ

CIMG8209 (500x363)

すでに過去に随分捨てましたけどまだ結構残っています。
でももう年末までには全部捨ててしまおうかと思っています。

今時カセットテープでもないですしねぇ・・・

五式戦

CIMG9073 (500x375)

又プラモデルを買ってしまいました。五式戦闘機です。
今製作中の零戦が放置状態で進んでいないのにです・・・。

まぁ、いずれにしても先に零戦をちゃんと完成させてからこちらを作り始める予定です。
たぶん年末までにはこちらも完成出来ると思います。予定としては・・・

塗装してます

CIMG9077 (500x375)

この画像は途中ですが2台ともステイン塗り終わりました。
75リットル、高さ74センチの大形の箱ですのでなかなか場所も取るし重いし大変です。

しかし塗ってみて、やはり白木も良いけど自分の好みはこのような暗い茶色だ、と思いました。
何か急に立派で高価な?箱になったように感じました。

このままで行くかステインを重ね塗りするかしばらく考えます。

塗装開始

CIMG9065 (455x500) (364x400)

昔作った自作スピーカーの塗装を始めました。
まず天板と側板を塗ってみました。塗料と言うより着色剤です。
案ずるより産むが易し、で案外綺麗に塗れました。

本日中に2台とも全部塗ってしまう予定です。
この後しばらく乾燥させてから仕上げのクリアニスを重ねて塗ります。

古い雑誌

CIMG6412 (400x300)

私がビートルズのファンになったのは彼らが1966年6月に来日するより前です。
右側の雑誌は当時買った来日直前の「ミュージックライフ」来日記念号です。

今でも保管していますがさすがにもう処分しようかと思っています。

絵を描く?

CIMG9059 (500x356)

あと1枚、年内に絵を描かなきゃなぁと思い、一応セットはしてあるのですが・・・
どうも今いちやる気が出ませんねぇ・・・
始めてしまえば案外行けると思うんですが・・・

・・・ばっかりですなぁ・・・

SP改良

CIMG9051 (500x375)

私の自作スピーカーですが19年ぶりに改良をしようと思い立ち、まずユニット、ウーハーとツィーターを箱より取り外しました。

箱の中を見るのは19年ぶりですがすっかり忘れていたLCネットワークも見る事が出来ました。
Cは大きな容量の物まで全部フィルムコンを使っていたんですねぇ。完全に忘れていました。

今回改良の一番の目的は箱の塗装です。白木のままはどうにも嫌なので色を付けたいです。
19年前は難しそうで逃げましたが再挑戦してみようと思います。
上手くできるかな~?

ビデオ

CIMG6403 (400x300)

ビートルズの大ファンだったのでビデオテープも集めていました。
15年以上前になりますか・・・

さすがにもう良いので処分してしまおうかと思っています。近い内に・・・

音楽鑑賞

CIMG6392 (640x470) (500x367)

音楽鑑賞の趣味は1968年にこのLPを買った事から始めました。
当時はまだステレオ装置が我が家にはなく小さなレコードプレーヤーで聴いていました。

音はすごく悪かった筈なんですがビートルズの熱い情熱を感じられてワクワクしたものです。

絵の本

img017 (357x500) (286x400)

絵を描くという趣味はかなり遅く、20代の終わりごろに始めました。29歳だったと思います。

普通は子供の頃から始めると思いますが、その時期には絵を描く事に全く興味がありませんでした。
で、始めるに当たってとりあえず本屋さんへ行き、描き方の参考書を買って来て独学で始めました。
これがその時に買った本で今でも保管しています。今見ると懐かしいですね。

絵を描く知り合いもいましたが具体的に習ったわけではありません。
絵を見てもらって何か言われるのも嫌だったし、我流で良いから自分の好きな様にやろうと思いました。

古い本

img019 (352x500) (282x400)

私は中学生の頃ソリッドモデラーになる事を目指していました。
4個ばかり作った時点で挫折しましたけど・・・

これは当時買った本で昭和35年初版の本です。
私が買ったのは第4刷りで昭和40年でした。
これモノクロ写真ではなくこういう色の本なんです。

進捗状況

CIMG9019 (500x375)

さてタミヤの零戦21型です・・・
ここまで進んでいるのですがしばらく放置状態です。
最近雨天やら台風やら湿度の高い日が多く、こういう時は塗装が出来ませんし・・・(言いわけ?)

残された最大の難関は風防の窓枠の塗装です。すごく細かくて眼の悪い私には辛いものがあります。

世傑

img018 (282x400)

「世界の傑作機」という本です。これは零戦のですがシリーズで他にもいろいろ沢山出ています。
プラモを作る時は必ずこういう資料本を買って、じっくり実機の写真を見てから作ると良いと思います。

実機が好きでない場合はプラモも作る気がしないですね。
私は好きな機体でなおかつ出来の良いキットのみを買って作っています。

なお、21型は「にじゅういち型」ではなく、「にいち型」と読むのが正しいです。

ラジコン

CIMG7433 (640x480)

今から10年以上前、もっと若かった頃に熱中していた物にラジコン模型飛行機があります。
これはその当時買い集めていたラジコン関係の雑誌です。

実は写真が1枚残っているだけで今はもう手元にありません。
昨年末に皆処分してしまいました。

今ではもうラジコンはやっていませんし再開する予定もありませんから・・・
過去に楽しんで来た物にもお別れの時期が来るようです。

私のスピーカー

CIMG9018 (500x375)

私のメインSPが決定しました。これです。
ヤマハNS-670にホーン型スーパーツィーターを加えた物です。

これで4ウェイ密閉型となりました。アッテネーターでの調整は必須で重要です。
アンプのトーンコントロールもより音が良くなるように必ず調整すべしです。

昨今のSPは皆アッテネーターの付いていない小型2ウェイバスレフばかりなので
私としては魅力を感じません。この古いSPの方が格が上だと思っています。

内部色

CIMG8956 (500x375)

話が前後しますが零戦の内部の色も正確には分かっていません。
今回はタミヤ指定のカラーをそのまま塗りましたがこの色が絶対正しいとは言えないと思います。

現にハセガワなど他メーカーのキットでは又違う色を指定しています。
つまり誰も本当の正しい色は知らないという事なんです。
せめてあの時代にカラー写真があれば良かったのですが・・・

箱絵

CIMG9011 (500x375)

このプラモキットは2012年の発売ですから新しい物です。
箱絵の零戦は少し青みがかった灰色をしていますが箱の横の塗装指示図は灰緑色です。
このようにキットを売る側ですら完璧な結論は出せていないのが現状なのです。

今タミヤからは零戦用の灰緑色も出ていますからそれを信じて塗るのもありですが、
私としては自分のイメージに素直に従いたいと思うのです。

塗装しました

CIMG9009 (500x375)

製作中の零戦ですがエアブラシで全体塗装しました。
零戦の色は諸説ありますが正確な事は分かりません。
私は自分の好みでクレオスの35番を選びました。

最近では零戦の色は灰緑色だったと言う説が有力ですが、私がプラモを始めた頃から数十年間は灰白色という説が常識でした。それで私もイメージとしてこの色が頭に染み込んでいますので、今さら実は灰緑色だったと言われてももう遅いのです。自分の作るモデルですから自分の好きな色を塗ります。

真実はタイムマシンで昔へ行って実機を見て来るしかありません。

プラモ・ガイド2

CIMG8800 (640x480)

似たような画像ですがまだあります。

1967年まではプラモ凝っていた事が分かりますが翌年はもう買っていないので熱が冷めたのだと思います。
もっとも当時はプラモというと子供のおもちゃ的な存在でしたので、もういい歳してやってられないと思ったのでしょう。

また当時はフオークソングが流行り出してそちらの方へ興味が移動して行った時期だと記憶しています。

プラモ・ガイド1

CIMG8799 (640x480)

プラモつくりの趣味は小学3年生から始めて中学生の頃も引き続きかなり凝っていました。
この小冊子は当時買った物です。

学校の勉強は全く興味がないので全然やりませんでしたが、プラモのベンキョウは非常に熱心にやりました。
おかげで劣等生になってしまいましたが「好きな事を充分やる人生」の方が良かったと今では思っています。

並べた

CIMG9000 (500x375)

この両スピーカーを切り替えて比較試聴するのが今の私の楽しみです。
どちらが良いのかをじっくり検証?しているわけです。

本当はシンプルオーディオを目指しているので良い方を残してどちらか一組にしたいです。

しかし、じゃあ使わない方をどうするの?となるとこれまた処分も面倒だし・・・
このままにしとくかぁ・・・

贅沢な悩みと言う奴ですかね。(^^ゞ
プロフィール

Author:つづきとおる
ご来訪ありがとうございます

私は愛知県在住の中高年男性です。
趣味で絵を描いています。
あと毎日の音楽鑑賞と気が向いた時にだけギターを弾いたりしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR