放置中

CIMG0918 (500x375)

秋に描き始めた4号の絵ですがもう長い間途中で止まってしまっています。
もちろんモチーフの柿は食べてしまってありません。
後は器を修正して柄を描き込むだけなんですが・・・

何とか年内に完成させなくては、と言う思いもありますが、
期限を決めないでやる気になった時に続きを描くという手もあります。
スポンサーサイト

挿絵

img055 (400x269)

知り合いの小説家が本を出すと言うことで依頼されて挿絵を描きました。
明治時代の農民の労働している様子です。
絵は3枚だったのですがこれはそのうちの1枚で鉛筆画です。

年賀状

CIMG0913 (400x300)

今年ももうそういう季節になりました。1年ぐらい早いもんです。
毎年ワンパターンなんですが自分の描いた絵を入れた年賀状を作っています。
今年も作りましたので次は切手を買い行き25日までには出す予定です。

古い習作

絵を描き始めた30代の頃に描いた絵です。

CIMG0912 (310x400)

私の好きな画家の一人「岸田劉生」の絵の模写です。
ある美術館のパンフレットに載っていた小さな写真を見てごく短時間で描きました。
劉生が写実的な絵画に傾倒する以前の後期印象派風の絵です。

CIMG0911 (317x400)

これは何も見ないで自由に描いた人物画です。
明治、大正期の古い絵の感じを模倣したものです。

始めた頃の古い絵です

CIMG0910 (500x397)

押入れの奥の方から出て来ました。木枠から外してしまっている古い絵です。サイズは6号。
これは私が絵を独学で始めて極初期の絵でおそらく2~3枚目の絵です。

私が絵を始めたのは年齢的に非常に遅く29歳でした。
油絵と言うのは独学で始めるには敷居が高く長い間やりたいとも思いませんでした。

きっかけはある素人の展覧会を見てそれが上手い絵でもなかったので自分もこのぐらいなら描けると思い始めたのです。
あの時何故絵を見に行ったのか?今となっては分かりませんがその事がきっかけになったのは事実です。

鉛筆デッサン

9月から始めた毎日デッサンはまだ続いています。今ではもう100枚を超えています。
長く続いているのは一回に沢山描かないで1日1枚にしたのが良かったのでないかと思います。
題材は身近にある器物が多いですが、たまには鏡を見ての自画像や写真を見ての人の顔も描いています。

今後もこつこつと続けて行くつもりです。

自作スピーカーで満足

CIMG0642 (500x332)

結局の所自分の自作SPが自分にとってベストではないかと思うようになりました。
30センチ2ウェイです。作ってから20年以上経ちます。

30センチ・ウーファーは昔ながらの紙コーン、布エッジ、ツィーターか3センチ・ハード・ドーム。
両方とも国産ユニット。

クロスオーバー周波数は1.2KHZぐらい、オクターブ12dB落ち、アッテネーター付、インピーダンス補正回路付き。
LCネットワークは空芯コイル、コンデンサーは全てフィルムコン。

箱はキットで内容積75リットル。
リヤ・ダクトのバスレフでダクトの共振周波数は37HZ。
好みの色で塗装。水性ステインのオリーブ、水性クリア・ニス1回塗り。

聴く時はアッテネーターを少し絞っています。
重低音タップリ出て安心、高音も綺麗です。

古い絵です

CIMG0867 (400x292)

押入れの奥の方から出て来ました。あることも忘れていた6号の油絵です。
絵を独学で描き始めてから数作目だったと思います。

今の目で見ると配色が良くないとかバックの彩度が高いとか感じますが、
描いた当時は分からなかったのでしょう。
しかし初心者にしては結構描けているのではないかと思いました。

古いギター

CIMG9160 (367x500)

このアコギは(昔はフォークギターと言った)は古い物で、もう買ってから43年になります。
最近になって気付いたのですが、古い物にはすごい価値があると思うのです。
他に代えられない歴史と言うか・・・長く使い込んだ愛着と言うか・・・
とにかく新しい物なら今金を出せばすぐ手に入るわけですが、こういう古い物は他にありません。
というわけで安易に捨てたりせず、今後も長く付き合って行くつもりです。
プロフィール

Author:つづきとおる
ご来訪ありがとうございます

私は愛知県在住の中高年男性です。
趣味で油絵を描いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR